プロフィール

田中宏明のプロフィール

本名 田中宏明
1957年大阪生まれ。
関西大学工学部管理工学科卒。
現在、神戸市在住。
一男一女の父親。
・芦屋占い処 占風鐸 代表
・大乗推命学会 副理事/教学博士
●紫微斗数とのご縁について

三合派の紫微斗数は、平成20年から21年にかけて、毎月1回、神戸より東京の原宿まで通い中島多加仁先生より習得。
同じ頃、村野大衡先生より台湾上機派紫微斗数の初級を伝授される。

平成24年、台湾に行って蔡明宏老師、徐曾生老師の著書と出会い、飛星派の紫微斗数の斬新で論理的な教えに深く興味を覚える。

平成25年1月、マレーシアに行き、鄭莉安老師より飛星派の四化飛星紫微斗数を伝授される。斬新な飛星派の紫微斗数の教義の一端に触れ、本格的に飛星派を学びたいと決意する。

同年5月に鄭莉安老師の師匠である台中の陳永瑜老師を訪問。
以後、定期的に陳老師より最新の飛星四化派、並びに欽天四化派の紫微斗数の伝授を受けるため来台。

システマティックなその教学に驚嘆し、また今世の生まれてきた目的まで明示してくれる飛星四化派、欽天四化派の紫微斗数に深く傾倒し、今後、この教学の研鑽に努めようと決心する。
星曜派、飛星四化派、欽天四化派の三流派の大家である陳永瑜老師に機縁を頂けたことは望外の幸せです。
欽天四化派の紫微斗数は、いまから65年ほど前に少林寺の袁阿祥老師が創始されたそうで、陳老師の祖父様とお父様が、直接、袁老師より指導を受けられたということです。
陳永瑜老師は先代、先々代と三代にわたって東洋占術の研究と普及に努めておられる由緒ある家系の老師です。

●四柱推命とのご縁について

21歳のときに亀石厓風先生の大乗推命学会に入会し、大乗推命学会大阪教室(大阪駅前第二ビル内)にて亀石先生より「現代看法の四柱推命学」の指導を受ける。
3年間の指導を経て、大乗推命学会師範免許を取得し、雅号、田中風州を頂戴する。
平成14年、大乗推命学会教学博士の称号を拝受。

四柱推命学は大乗推命学会の現代看法のみならず、見上槐山先生の調候用神法、緒方泰州先生の泰山流、佐藤六龍先生・平岡滴宝先生の透派など他流派の諸先生方の書籍も熟読。
また、高木乗先生の「生日時断課」を手に入れ、高木命理学の一端に触れる。

現在は、台中の陳永瑜老師に八字(台湾の四柱推命)もご指導をいただき、日本で習った四柱推命とは少なからず看命ロジックが異なることに新鮮な驚きを覚えています。

そして、欽天四化紫微斗数と八字は違う命術でありながら、結果は近似することにも驚嘆しています。

●今後の計画について

わたくしの四柱推命の師であった亀石厓風先生(平成23年没)は、常々、四柱推命は「万人活学の人間学」と云われていました。
四柱推命は陰陽五行を基本とした東洋哲理の根本の教えにも通じるものと思います。

しかしながら、四柱推命の習得は、多大な時間と労力を伴います。
また、日本の四柱推命は複数の流派があり、かつ同じ流派内でも違った理論がまかり通っています。
お叱りを覚悟の上で申し上げれば、閉鎖的で、ある意味排他的な日本の四柱推命の大家と言われる諸先生方に対して、失望感を禁じ得ないのが偽らざるわたくしの心情です。

その点、紫微斗数は日本での歴史は浅く、とくに飛星派や欽天四化派の紫微斗数はこれから本格的に日本で普及していくものと思われます。
わたくしは飛星派、欽天四化派の紫微斗数の教学の研鑽に努め、多くの有為の運命学愛好家にこの素晴らしい教えを広めてまいりたいと願っています。

田中宏明のブログ

  ・紫微斗数は神様の黙示録           https://ameblo.jp/fuushu/

  ・陳老師の八字(台湾の四柱推命)        https://ameblo.jp/kinten4/