天同D

●天同D

先日、芦屋に鑑定に来られた女性の方は、別居されていました。 
お話をお聞きすると離婚も視野に入れておられるようです。
命盤を拝見すると、つぎが気になりました。

 

 

福徳宮に天同Dと天梁があります。
自化は、離心力、向心力ともありません。
欽天四化では、六内宮に生年Dがあるのは悪くはないのですが、このケースだけは「残念」という言葉が出てしまいます。
欽天四化でみるとこの宮だけで、婚姻はかなり不利であり “有問題” であります。
 
理由は、天同は婚姻星であり、福徳宮は夫妻宮の三合で結婚もみる宮だからです。
とくに結婚後の夫婦関係の良し悪しに影響する財帛宮を、天同Dが冲することになります。
 
変わりまして、つぎの宮をお持ちの方は、異性縁全般に問題があります。
  

 

理由は要らないと思いますが、奴僕宮は異性縁をみる最たる宮です。
これが女性の命盤にあれば、結婚されても、まず夫は責任感に乏しい人です。
 
台湾ではこのような人を偏格命といい、正式な結婚は難しい・・・といわれますが、このような方が結婚のことでご相談に来られるとアドバイスに気を遣うことになります。
 
わたくしは、夫婦の縁は前世よりの宿縁であると常々申し上げていますが、欽天四化を学べばそれを素直に納得されることと思います。
 
縁談に限らず、良縁成就は人の世の大きな願望のひとつです。

神理では、「縁」と「円」は同じ理であり、この世は円運動の世界。

「金は天下の回りもの」と、古来、いわれますが、お金の使い方で縁の良し悪しは変わってくるように思います。

また、「つなぎ言葉」といわれますが、人とのコミュニケーションにおいても、温かみのある言葉遣い、情けある言葉遣いは人に好かれます。

それは、良縁成就にも少なからず効果はあるように思います。

 

 

★「紫微斗数は神様の黙示録」のブログ へ
(欽天四化の基本をマスターしていただけます)

   

田中宏明 芦屋占い処・占風鐸 代表
2013年5月にはじめて台湾台中市の陳永瑜老師(写真左)に機縁を得る。
以後、訪台二十数回(平成30年現在)を重ね、定期的に飛星派並びに欽天四化派の紫微斗数や八字の伝授を受ける。そのシステマティックな教学に驚嘆し、とくに〝三世の因果〟がわかるといわれる欽天四化派の紫微斗数に深く傾倒する。
未だかつて知られていなかった欽天四化派の紫微斗数をこの日本に広めることを決意し、目下、芦屋と東京で鋭意教室や個人指導を行っている。

カテゴリー

タグ

この投稿へのコメント

  1. 質問者 said on 2019.5.30 at 6:50 PM

    はじめまして。
    質問がございます。
    天同Dだけでなく、奴僕宮に異性の星Dがある場合も同じような意味になりますか?
    正式な結婚以外、たとえば別居婚や週末婚のような特殊な結婚のほうが上手くいきやすいでしょうか?

    • e-suimei said on 2019.5.31 at 2:51 PM

      そうですね。
      奴僕宮に異性の星Dだと、夫または妻としての責任感は乏しい人とみますので、別居婚や週末婚がいいかどうかは別にして、夫婦の縁は希薄になりやすいという覚悟は必要かも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL