【欽天四化紫微斗数の基礎】奴僕宮

2020.5.3 17:53
【欽天四化紫微斗数の基礎】奴僕宮

欽天四化の宮位の象意は、星曜派、飛星派とは少し異なるところがあります。

それが如実に示されるのが、奴僕宮です。

星曜派の紫微斗数では、奴僕宮は友人知人、顧客や偏財(不労所得)などをみる宮として、あまり重要な宮として取り扱われていないようで、一般の紫微斗数の書籍の12宮の説明でも、ほとんどページ数は割かれていません。

しかし、欽天四化では、奴僕宮は洛書で6=8となり、つまり疾厄宮と奴僕宮は同じ意を持ち、身体健康をみる宮として非常に重要な宮となります。

とくに生死に関わることは、奴僕宮が絡むことになってきます。

陳老師がおっしゃっていましたが、「兄弟宮、奴僕宮には自化は付かないほうがいい・・・」という意味は、それだけで健康問題にリスクがあることになります。

しかしながら、奴僕宮はそれ以外でも大切なことをみる宮でもあります。

宮位転換すると奴僕宮は、「父母宮の官禄宮」になります。
つまり父親の仕事や父親の運気運勢をもみる宮でもあります。

どうして官禄宮が運気運勢をみる宮なのかですが、官禄宮は「気数位」ともいいます。
その「気」とは、貝原益軒の養生訓につぎのように記されています。
「人の元気は、もと是(これ)天地の万物を生ずる気なり。是人身の根本なり。人、此気にあらざれば生ぜず。」
「元気ですか?」という言葉はわたくしたちはよく使いますが、気とは生命エネルギーの根幹をなすようなものと考えられます。
また「数」とは、数秘術とか数理学という占術がありますが「運」のことです。
よって、気数位とは、わかりやすく言えば、「命運」をみる宮、つまり運気運勢をみる宮と考えられるわけです。

来因宮が父母宮や財帛宮(父母宮の疾厄宮)で、たとえば奴僕宮に太陽Bや天同Bがあるような方は、実際に父親は経営者や仕事でかなりやり手の人が見受けられます。
それは、生年Bはトップの星であり、お父様の運気運勢も盛大だからとみることができるからです。


Photo by Sabine van Straaten on Unsplash

 

しかし、奴僕宮にある太陽Bや天同Bを父親とみたら、残念ながら父親としての責任感は乏しい人になります。
(但し太陽Bの場合、文昌Dが田宅宮にあれば話は別です。)

 

★「紫微斗数は神様の黙示録」のブログ へ
(欽天四化の基本をマスターしていただけます)

   

田中宏明 占い教室・占風鐸 代表
2013年5月にはじめて台湾台中市の陳永瑜老師(写真左)に機縁を得る。
以後、訪台25回(2019年現在)を重ね、定期的に飛星派並びに欽天四化派の紫微斗数や八字の伝授を受ける。
未だかつて知られていなかった欽天四化派の紫微斗数をこの日本に広めることを決意し、目下、神戸と東京で鋭意教室や個人指導を行っている。

Follow me!

ブログをシェアする

カテゴリー

タグ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL