【欽天四化紫微斗数の基礎】同象自化

2020.5.2 16:35
●【欽天四化紫微斗数の基礎】同象自化

同象自化とは、つぎのようなケースが該当します。

 

 

田宅宮は財庫(不動産)の宮、ですからこれで大きな財を失う象意となります。
しかし、田宅宮はもうひとつ「家庭」をみる宮でもあります。
ですから、このケースでは、家の中の女性が出て行く(別居、離婚等)の象意も併せてみることになります。

しかし、ここで大切なことがあります。
この生年Dは先天(生まれながらのもの)で、自化Dは後天(時期刻限が来ると発生するもの)です。
ですから、この象意で「人」だけに関してみれば、つぎのようなこともあり得るわけです。

 

 

つまり、これを男命とすれば、廉貞Dを母とみたら自化Dは妻、また廉貞Dを最初の妻とみたら自化Dは二人目の妻(後妻)となります。
田宅宮を人の宮でみたら、家庭の人が入れ替わるとみてもいいのです。

ですから、このような田宅宮をお持ちの男性で、もし離婚はされていないとしたら、廉貞Dは母であり自化Dは妻とみたら合点がいきます。
嫁姑の問題で、母と嫁(妻)の相剋です。

 

つぎに、官禄宮でみてみましょう。

 

 

このような、官禄宮がB-Bなら、仕事がよく変わる、失職、倒産の意味になります。
生年Bは最初の仕事、自化Bは二番目の仕事とみてもいいのです。

官禄宮は「事」をみる宮ですから、基本はこれでいいのですが、しかし、いずれの宮にあっても天同Bは男性の星であり、官禄宮に出た天同Bはかなり優秀な仕事のできる男性とみます。
そして、自化Bも人をみると、後継者や後任者ともみれないことはありません。
もし、事業経営者の命なら、官禄宮B-Bは、はなはだ注意の命になりますが、もし、自分の息子等に社長職をバトンタッチしたいと考えているなら、たとえば遷移宮・大命の大運なら、官禄宮は大夫となり、その時期で事業継承は適切と考えてもOKです。(言わずもがなですが息子様の命が良いことが条件)

このように同象自化は、その宮が破格になる注意の命ではありますが、そのよくない象意がどのように出るかは、一律には定まっていないことに気を配る必要があります。

 

★「紫微斗数は神様の黙示録」のブログ へ
(欽天四化の基本をマスターしていただけます)

   

田中宏明 占い教室・占風鐸 代表
2013年5月にはじめて台湾台中市の陳永瑜老師(写真左)に機縁を得る。
以後、訪台25回(2019年現在)を重ね、定期的に飛星派並びに欽天四化派の紫微斗数や八字の伝授を受ける。
未だかつて知られていなかった欽天四化派の紫微斗数をこの日本に広めることを決意し、目下、神戸と東京で鋭意教室や個人指導を行っている。

Follow me!

ブログをシェアする

カテゴリー

タグ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL