飛星派の紫微斗数の四化について

2020 1.18 11:27
●飛星派の紫微斗数の四化について

たまたま、「田中宏明」でGoogleを検索していましたら、2014年の8月にYoutubeにアップしていた動画を見付けました。
アップしたことを、すっかり忘れていました。

飛星派の紫微斗数では、生年四化、宮干四化、そして交易四化の3つの四化を扱います。
とくに生年四化(生年A、生年B、生年C、生年D)と、自化、流出は重要です。 命盤を作成したときに、生年四化と自化そして流出は命盤に書き込むようにします。
交易四化は、流年看法などでたとえば今年の健康は? というときに、大限疾厄宮を用神としてその宮から四化を飛ばして吉凶をみます。

本動画は動画配信サービスのUSTREAMのテスト配信でアップしたものですが、飛星派、欽天四化派の紫微斗数をはじめて習う方には必須の内容です。
どうぞご参考になさってください。

占い教室・占風鐸 田中宏明

 

 

※2020年3月開講の占風鐸の飛星派/欽天四化紫微斗数講座の受講生募集中!
陳老師の八字講座も同時募集中。
皆様のご参加のお申し込みをお待ちしています。
★講座のご案内へ

 

★「紫微斗数は神様の黙示録」のブログ へ
(欽天四化の基本をマスターしていただけます)

   

田中宏明 占い教室・占風鐸 代表
2013年5月にはじめて台湾台中市の陳永瑜老師(写真左)に機縁を得る。
以後、訪台25回(2019年現在)を重ね、定期的に飛星派並びに欽天四化派の紫微斗数や八字の伝授を受ける。
未だかつて知られていなかった欽天四化派の紫微斗数をこの日本に広めることを決意し、目下、神戸と東京で鋭意教室や個人指導を行っている。

 

Follow me!

ブログをシェアする

カテゴリー

タグ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL