欽天四化紫微斗数

破格(A-A,B-B,C-C,D-D)のそれぞれの破れかたの違いは?

2020年3月開講の講座のご案内をアップしました。
皆様のご参加のお申し込みをお待ちしています。
★講座のご案内へ

 

2019.11.13 9:43
●破格(A-A,B-B,C-C,D-D)のそれぞれの破れかたの違いは?

生徒様からつぎの質問をいただきました。

●質問 破格(A-A,B-B,C-C,D-D)のそれぞれの破れかたの違い。
 AとDは人や財がなくなる。Bは意外、Cは健康。の他に起こりえること。

それに対して、わたくしはつぎのようにお答えしました。

 

破格の宮ですが、まず
 ①我宮か他宮か
 ②自分の星か異性の星か
 ③天地定位のBDかACか
で、深刻度合いの軽重があります。
他宮であり、自分の星でもなく、AかCなら軽いとみていいです。
「 AとDは人や財がなくなる。Bは意外、Cは健康。の他に起こりえること。 」
上記はその通り。あとはBもCも人の宮にあれば、その人との縁は薄くなるでしょう。

 

少し補足しますと、たとえば男命で兄弟宮に太陰Cがあり、それがC‐Cの同象自化で破れている場合です。
それはお母様(場合によれは姉妹)に問題があり、お母様が辛苦の人となります。
結果、その男性ご自身もお母様とは縁が無くなったり、助力は得難いことにはなりますが・・・
しかし、自分の根基運命にはそんなに影響はないとも言えます。

このように同象自化でその宮が破れているから、とてもよくない命盤で運命も厳しい・・・と、早計な判断は慎むべきです。
しかしながら、命宮や官禄宮等の我宮で、男性なら自分の星(例えば太陽B)が同象自化になっている場合は、それなりの覚悟と対策等は考えておいたほうがよいかと思います。

どのような対策を講じるかは人それぞれですが、大切なことは何らかの原因(破格を持って生まれてきた)があるはずです。
その原因をよく考えたり調べてみることがまずは大切と思います。

       「ウィキペディア」 より

 

★「紫微斗数は神様の黙示録」のブログ へ
(欽天四化の基本をマスターしていただけます)

   

田中宏明 占い教室・占風鐸 代表
2013年5月にはじめて台湾台中市の陳永瑜老師(写真左)に機縁を得る。
以後、訪台25回(2019年現在)を重ね、定期的に飛星派並びに欽天四化派の紫微斗数や八字の伝授を受ける。
未だかつて知られていなかった欽天四化派の紫微斗数をこの日本に広めることを決意し、目下、神戸と東京で鋭意教室や個人指導を行っている。