増補版「欽天四化紫微斗数の世界」について

●増補版「欽天四化紫微斗数の世界」について
  
新緑がまぶしい季節となりました。
 
令和元年で10連休になりましたが、わたくしは連休前半は東京で教室や個人レッスン、後半は芦屋の占風鐸できのうまで鑑定の仕事をさせていただいていました。
  
やっと、自由な時間が取れましたので、リニューアルしたサイトのブログソフトウェアであるワードプレスに慣れるため、いろいろと勉強中です。
  
センスのいい女性のデザイナーにリニューアルをお願いしましたが、少しブログトップ画面を修正していただくようお願いしています。
  
もっとも皆様がよくみられるのはブログ記事と思いますので、ブログトップの一覧ページに「画像」と「タイトル」と「抜粋分」を入れていただくようにお願いしました。
  
つぎのような感じになるかと思います。

     

     
上記サイトは、わたくしがよく拝見しているマーケティングコンサルタントの藤村正宏先生のブログのトップページです。
    
増補版「欽天四化紫微斗数の世界」(副題・己事究明の人間学)ですが、この連休前に最終校正が完了し、アマゾンのPOD出版サービスを手掛ける出版社に見本書籍を依頼しました。
  
そこも10連休でお休みのようで、その見本書籍が届いて変更がないようであれば、10日間くらいでアマゾンで発売されると思います。 また、発売日程が確定しましたら、本ブログでお知らせ致します。
  
今回は、書籍の表紙もすべて自分で作成しました。増補した内容より、この表紙のデザインやPOD出版社とのWEB上でのやり取りに大変手間取りましたので、少々、発売日が予定より遅れてしまいました。
    
なお、恐縮ですが、この7日から10日までプライベートな家族旅行に出掛けます。 その間に鑑定のお申し込みやお問い合せをいただきましたら、11日以降にお返事させていただきますのでご了解のほどお願い致します。

   

★「紫微斗数は神様の黙示録」のブログ へ
(欽天四化の基本をマスターしていただけます)

   

田中宏明 芦屋占い処・占風鐸 代表
2013年5月にはじめて台湾台中市の陳永瑜老師(写真左)に機縁を得る。
以後、訪台二十数回(平成30年現在)を重ね、定期的に飛星派並びに欽天四化派の紫微斗数や八字の伝授を受ける。そのシステマティックな教学に驚嘆し、とくに〝三世の因果〟がわかるといわれる欽天四化派の紫微斗数に深く傾倒する。
未だかつて知られていなかった欽天四化派の紫微斗数をこの日本に広めることを決意し、目下、芦屋と東京で鋭意教室や個人指導を行っている。

Follow me!

ブログをシェアする

カテゴリー

タグ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL