推命&開運【虎の巻】
No.12
『四柱推命学の正しい用い方』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      推命&開運【虎の巻】 No.12

     『四柱推命学の正しい用い方』
  
━━━━━━━━━━━━━━━(2005. 1.23)━

 田中風州です。
 
 さて、今回は『四柱推命学の正しい用い方』についてお話させて頂きます。
 
 四柱推命はいろいろな占術の中でも、生年月日及び生時をもとにして占っていくものですから、決まった手順をマスターした方であれば、的確に個人の運命運勢をみていくことができます。
 また人間個人の先天的なものをみていくツールとしては、高い的中率を誇り、人事事相のことも手相や人相などの相学ではなかなか分からないようなことも、ズバリ言い当てることができることが多いので、古来より人気の高い占術のひとつです。

 受講生の皆様から寄せられた受講目的には、四柱推命がよく当たるから勉強したいとか、自分の人生をよくしたいからとか、よりよく生きたいから、という趣旨のご投稿を少なからず目にします。

 これはこれで皆様の切実な想いであり、かつ人間本来の欲求に根ざしたもので、どなたも否定できるものではありません。
 ただ、ここで注意して頂きたいことがあります。
 四柱推命は、あくまで人間個人の先天的な運命運勢を調べるものであり、人生をよくする方法や、よりよく生きるためにはどうしたらいいのかということは、残念ながら一切触れられていないということです。

 わたしのサイトの「万人活学の学問」のところで述べていますように、四柱推命学を学ばれる方は、古聖前賢の教えに耳を傾けたり、精神的な教えにも関心を持って頂きたいと述べていますが、まさに四柱推命学は文字通り“推命”だけであり、“立命”や陽明学の創始者である王陽明が唱えた“造命”は、ひとり一人の自己責任で努力していくしかないということです。

 だからわたしたちは、四柱推命学でみた四柱命式(略して命式ともいい、生年月日及び生時から出した魂のカルテのようなもの)の奥にあるものを修養の糧として自らの人生に活かしていかなければなりません。
 
 命式に表れていることは、あくまで先天的なものであり、そうなる可能性が高いという一種の“予測”であります。
 その予測を事前に知って、先天運命のよくないところを人間性を高める努力、精進をして修養していく。それで人徳がだんだんと備わっていくようになります。

 また、もうひとつ大事なことは、先天的なものの中には、ひとり一人誰もが持っている“天分”もありますので、その天分を見きわめ、自己の長所、得意なところをさらに磨いて、それで世の中に貢献していく。
 こうした弱点克服と長所伸展がよりよく生きていく基本姿勢であると思います。

 このふたつが車の両輪のように上手く廻っていけば、人生の達人になることも夢ではないのですが、これがなかなか難しいのも事実であります。

 とくに、先天運命のよくない人、言葉を言い換えますと、先天的な福分や徳分の薄い人ほど、厳しい運命運勢が待ちかまえていますので、その不運不遇の嵐に翻弄されてしまう人が多いからです。

 正しい信仰心のある人は逆境にも耐え、不遇をかえってバネにして生きていく力強さを持った人が多いですが、ご利益信仰ではなく、神様の御教え(神理)を学び、その教えにしたがって忠実に生きていけば、どんなにいまは辛い苦しい環境におられる方でも、必ず好転の兆しが見えてくることは間違いないことと思います。

 四柱推命学愛好家の皆様は、どうか単なる当たる当たらないの次元に留まることなく、命式の奥にあるものを自らの魂の修養の糧ととらえ、今世のあなたの生まれてきた目的を真摯にみつめて頂きたいと思います。
 そして、あなたもわたしも、できるだけ多くの人が生まれてきたときより魂のレベルを少しでも上げることができればと、心より願っています。
深謝


 今回もお読み下さり、有り難うございました。
/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

◎虎の巻レポートを読まれた感想を送って下さい(以前の分でも結構です)。
 「よかった」のひと言でも結構です。是非、あなたの声をお聞かせ下さい。
       ↓↓↓
   webmaster@e-suimei.com

/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
お知らせ

■本年2月開講予定の「現代看法の四柱推命学」初級講座は3月開講に延期しました。

 「現代看法の四柱推命学」初級講座(第三期生)の開講を、この2月1日の予定でいましたが、受講申し込みの方が少ないので、3月1日開講に延期しましたのでご了解下さい。

 本講座は、比肩、劫財、・・・、偏印、印綬の10個の通変星の詳解を、数多くの命式例を用いて実践的に学んで頂ける内容となっています。
 また命式解説において四柱推命学の基本的な定義や要法をマスターして頂きながら、総合的な看命のポイントをつかんで頂けるものと思います。
 この初級講座をマスターして頂ければ、ほとんどの原命式の分析は可能となり、先天的な性質から配偶者や子供等の関係の人事事相を的確に知ることが可能です。

 なお、2月末日までにお申し込み頂いた方には、この1月16日に東京で開催しました入門講座の補講勉強会講義の要約レポートを差し上げます。
 
格の定め方をはじめ、鑑定に際してのアドバイスの仕方などにも触れていますので、より専門的に学びたい方にはお役に立つ内容と思います。

        ↓↓↓
 http://e-suimei.com/e-l-annai-shokyu.htm

────────────────────────────
このメールは、eラーニング四柱推命学の受講生の皆さま、
また、「推命&開運【虎の巻】」購読者の方へお送りしています。
────────────────────────────
●推命&開運【虎の巻】バックナンバーをアップしていますので、
 まだご覧になっておられないレポートは、こちらからお読み頂けます。
        ↓↓↓
 http://e-suimei.com/tora-report/tora-report-menu.htm

ページトップへ
-------------------------------------------------
大乗推命学会 北大阪支部 主宰 田中風州
URL    http://e-suimei.com/
E-mail webmaster@e-suimei.com
配信中止は上記↑アドレスへ一報下さい。
※同じメールが重複して届いている場合もお知らせ下さい。
-------------------------------------------------

メルマガ:推命&開運【虎の巻】メニュー

「風州の四柱推命学」トップページ