推命&開運【虎の巻】
No.11
『お金には神通力がある! 後編』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      推命&開運【虎の巻】 No.11

     『お金には神通力がある! 後編』
  
━━━━━━━━━━━━━━━(2004.12.19)━

 田中風州です。
 さて、今回のテーマは、

 「お金には神通力がある! 後編」です。

 前編では、お金の歴史とお金には神様のご意志が宿っていることについてお話させて頂きました。
 今回はその後編で、お金の不思議な話の続編と、お金を使った運命改善の方法を最後に掲載しています。
 長文ですが、どうぞ最後までお付き合い下さい。


1.「円=○=縁」

 日本のお金の単位である「円」はまことに意味深長な言葉です。
 円は丸(まる)とも読みます。
 円転するとか言う言葉があるように、丸(○)循環のことを表しています。

 円すなわちお金は、この世を循環することを象徴しているのです。
 だから、お金のことを”通貨”とも言うのですね。
 周り回って、出たり、入ったりするのがお金の本質で、長く一定のところにずっと留まっているのは、お金のはたらきが止まっていることになり、お金は嫌がるのです。

 わたしの崇敬する一神宮の御神言に、「“たまる”のと“ためた”のとはわけがちがう。たまるのはよいが、ためたらくさる。」という意味のお言葉があります。大変深い意味がありますね。

 この理屈が分かると、タンス預金というのは感心しないですね。
 できれば、銀行に預けておけば、銀行が中継所となりお金は活発に動きまわることになります。

 また、「円」と「縁」も密接に関係があります。

 昔、グワム島でひとり生活していた元日本兵の横井庄一さんは、その当時、日本円はもとよりお金を持っていても何にも役に立つことはなかったと思います。

 ひとりで生活していれば、自給自足ですからすべての食料から衣料に至る生活必需品はすべて自分で調達しなければなりません。
 お金が必要になるのは、大勢の人間が住んでいる社会というものがあってこそ利用価値が発揮されることはお分かり頂けると思います。
 つまり、お金はどんなときも「人」が媒体となるということですね。

 お金を得るのは、他の人に何かモノやサービスを与えた対価として頂くものであり、反対に何かほしいモノやしてほしいサービスがあれば、お金を払ってそれを得ようとするわけです。
 お金の出入りは、本質的にすべて人が介在していることになります。

 したがいまして、人様のご縁を大切にすれば、お金とのご縁も深まるわけです。
 人様に喜んで頂く仕事をしていれば、お金が自然と入ってくるようになるものなんです。
 入ってくるお金の量は、どれだけ多くの人にどれだけ喜んで頂けたか(感謝されたか)という量に比例しているということですね。


2.お金持ちになるには

 前々回の「お金には神通力がある! 前編」を読まれて、お金はただの紙切れではないことがご理解頂けたと思います。

 そうです。お金には”意識”があります。神様の意識が備わっています。

 では、そのお金の意識とはどのようなものでしょうか?

 まず、お金は集団を好み孤独を嫌います。
 それ故、お金の集まっているところへ行きたがり、行くときは少数で寂しがっているお金を誘って一緒に賑やかなところへ行ってしまいます。そのため、貧富の差が国にも個人にもできてしまいます。

 また、お金は無駄に、無価値に使われることを極端に嫌います。
 浪費家がお金持ちになれないのは、お金が二度と浪費家のところへ行きたくないと思い、近くまで来ても寄ってくれないからです。

 お金は世のため、人のために役立っているときが最も喜んでいます。
 神様の意識と同じなので、そういう使い方をしている人のところにどんどん集まってくるのです。

 自己の欲望のためにギャンブルなどに浪費せず、正しい生活のために、よく考え感謝しつつ使わせて頂き、一部を自分以外の社会のために使えば、お金は仲間を誘ってあなたのところへ帰ってくるでしょう。

 そして、先程申し上げましたように、人様、お客様のご縁を大切にし、多くの信頼を得て感謝され、自分の信者さんをたくさん作れば、お店や会社は繁盛します。
”信者”という文字をひとつにすると、”儲”かると読みますね。

 そうです! お金を得たいなら、神様に好かれるような行いをすれば、自然とお金に不自由しない生活ができるのですね。


3.さらに運命を改善したい人のために

 いままでお金には神通力があり、神様の意識が備わっていることをお話してきました。
 ここからが本論で、わたしが最も皆様にお伝えしたいことです。

 それは、

 「お金を用いた運命改善の方法」です。

 以下に、少し長くなりますが、わたしが命式鑑定のご相談に来られた方にお勧めしていることで、理に適った効率のよい運命改善の方法ですから素直になってお読み頂きたいと思います。

 この森羅万象を支配する大法則は大きく分けて十通りあります。
 それを「十元の理」と言いますが、その中のひとつに、

 『えんえんつなぎの理(円縁繋ぎの理)』
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
という法則があります。

 これはたとえばこの太陽系のように、地球はじめ各惑星は太陽を中心にして、円運動を絶え間なく、永遠に続けています。

 また一日も24時間経てば午前零時に戻るように、大自然の営みはすべて円運動のように延々と繰り返され、一時も止まることがありません。

 わたしたち人間も平均80歳くらいで死んで、霊界へ行って今度生まれて来るときは零歳(霊歳)からまた再スタートで、魂は輪廻転生して永遠の存在です。

 この延々と続くはたらきがこの世の真理のひとつで、わたしたちも家や会社がずっと存続発展することを願って生活しています。

 人間社会で延々と続くためには、次のどちらかの方法があります。

 @結ぶはたらき→→結婚や養子縁組など
 A繋ぐはたらき→→相続(親、子、孫)や事業商売の継承など


 この社会がずっと続いているのは、この“結ぶ”はたらきと、“繋ぐ”はたらきとによって永遠と続いている、継続しているということです。

 そして、この延々と続くはたらきがこの世の真理であり、そのはたらきをご守護されている神様方がおられるのです。
 その神様方を、「えんえんつなぎの理(円縁繋ぎの理)」ご守護の神様方といい、上記の結んだり、繋いだりするはたらきを受け持っておられるのです。

 またこの神様方はお金受持の神様方でもあります。
 俗に、「金の切れ目は縁の切れ目」と言われますが、まったくそのとおりで、この神様方はお金と人様のご縁を厳格に管理統制されています。
 借金が返せない人は、たとえ自己破産しても、日本の法律はそれで通れても、神様の創ったこの世ではダメです。
 どうしてもお金が返せない人は、「人の縁で返しなさい」ということになり、家族縁、肉親縁が薄くなり、家族バラバラになったりして、孤独な人生が待っています。

 反対に、お金を世のため人様のために使っていると、お金が喜んで、その人のところに集まってくるとお話しましたが、金運がよくなるだけでなく、人様のご縁にも恵まれるということです。
 なぜなら、お金受持の神様方と人様のご縁受持の神様方は同じ神様方だからです。

 ですから、最後に肝心要のことを言いますと、

 @「延々と継続する」行いはこの世の真理であり、理に適った行為になる。
  ※継続は力なりは、この真理に適っているからです。
  ※また習慣は性格を変え、運命をも変えると言われるのもこの理に適っているからです。


 A神通力のあるお金を、世のため人のために使うようにする。
  ※寄付をしたり、お金を施したりすること。
  
 この@とAに適った行いは、「えんえんつなぎの理」受持の神様方に好かれて、必ず不思議なご縁、ご守護を頂くことができます。
 @あるいはAだけでもよい効果は出ますが、@とAを同時に満たす行いは抜群の効果が期待できます。

 わたしが1年365日、毎日、継続して行っているのは、自宅の神棚に心に定めた金額のお金をお供えしていることです。

 そのときにお唱えしている言葉は、
 「神様、わずかでございますが、どうぞこれを世のため人のためにお使い下さいませ。」
と唱えます。

 神社に参ったときにお賽銭やお供えをされる方は多いと思います。
 また自宅の神棚に毎日、手を合わせている人も結構おられると思います。
 でも、毎日毎日、自宅の神棚に手を合わせて、お供えをしている人はどれくらいおられるでしょうか。

 これを3年続けられたら、身辺の環境が変わっておられることと思います。
 困ったときには、不思議なことが現れると思います。
 あなた様もわたしも、“世の中の一員”なのですから。
以上

   ***********************************************

 長くなりましたが最後までお読み下さり有り難うございました。
 なお、いま申し上げましたことは、下記の文献に詳しく記されていますので、是非、ご一読をお勧め致します。

 ●浅見宗平 著 自由宗教えの道「ふしぎな記録 第二巻」 他一巻から二十巻
                     ↓↓↓
         http://e-suimei.com/fushigi-kiroku.htm

 
/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

◎虎の巻レポートを読まれた感想を送って下さい(以前の分でも結構です)。
 「よかった」のひと言でも結構です。是非、あなたの声をお聞かせ下さい。
       ↓↓↓
   webmaster@e-suimei.com

/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
お知らせ

■1月16日(日)に入門講座の補講勉強会開催
 10名限定で、まだ少し余席がありますので命式の読み方がいまひとつ分からない方のご受講をお勧めします。
 詳しくは、下記をご覧下さい。
       ↓↓
 http://e-suimei.com/benkyoukai(1-16).htm

■2月に「現代看法の四柱推命学」初級講座を開講
 お待たせしました。
 「現代看法の四柱推命学」初級講座第三期生を募集します。
 本講座は、比肩、劫財、・・・、偏印、印綬の10個の通変星の詳解を、数多くの命式例を用いて実践的に学んで頂ける内容となっています。
 また命式解説において四柱推命学の基本的な定義や要法をマスターして頂きながら、総合的な看命のポイントをつかんで頂けるものと思います。
 この初級講座をマスターして頂ければ、ほとんどの原命式の分析は可能となり、先天的な性質から配偶者や子供等の関係の人事事相を的確に知ることが可能です。
 2月1日開講予定の第三期生募集中です。
        ↓↓↓
 http://e-suimei.com/e-l-annai-shokyu.htm

─────────────────────────────
このメールは、eラーニング四柱推命学の受講生の皆さま、
また、「推命&開運【虎の巻】」購読者の方へお送りしています。
─────────────────────────────
●推命&開運【虎の巻】バックナンバーをアップしていますので、
 まだご覧になっておられないレポートは、こちらからお読み頂けます。

 @ No.01『まず、因縁自覚からすべてははじまる!』
          
 A No.02『104歳の禅師のお話』
       
  B No.03『捨てる神あれば、拾う神あり』
       
 C No.04『怖ろしい元辰殺運・・・ある女性の突然死』
       
 D No.05『「職」は「食」なり…、「上げ下げの理」』
        
 E No.06『「生まれたときの家庭環境と子供の運命』

 F No.07『トイレ掃除をすると頭が良くなる?!』

 G No.08『親不幸がそもそもの不幸の種と知るべし』

 H No.09『お金には神通力がある! 前編』

 I 『運命は自分の力で変えられるのか?』

ページトップへ
------------------------------------------
大乗推命学会 北大阪支部 主宰 田中風州
URL    http://e-suimei.com/
E-mail webmaster@e-suimei.com
配信中止は上記↑アドレスへ一報下さい。
------------------------------------------

メルマガ:推命&開運【虎の巻】メニュー

「風州の四柱推命学」トップページ