推命&開運【虎の巻】
No.10
『運命は自分の力で変えられるのか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      推命&開運【虎の巻】 No.10

     『運命は自分の力で変えられるのか?』
  
━━━━━━━━━━━━━━━(2004.10.26)━

 田中風州です。
 さて、今回のテーマは、

 「運命は自分の力で変えられるのか?」です。

 実は、ある受講生の方からの質問で、運命改善のしくみについてお話することになり、今回の内容はその「Q&A」です。
 四柱推命学の愛好家の皆さまには、とても大事なことと思います。
 よくお読み頂いて、ご自身の運命の向上にお役立て頂ければ幸いです。
 なお、お名前は実名ではなく仮名にさせて頂きました。

************************************************************

大乗推命学会 北大阪支部
 主宰 田中風州様

こんにちは。
私はこちらのホームページを見て、
独学で四柱推命を学んでいるものです。
仕事の都合上、なかなかカルチャースクールなどに行って
学ぶ事もできず、こちらのホームページに出会って
本当に良かったと思っています。
内容もわかりやすく、大変ありがたいです。
今日は、ある疑問がわいたのでご質問をさせていただきます。

もともと私が四柱推命を学ぼうと思ったのは、
ある方に占ってもらったのがきっかけなのですが、
私の場合、官殺混雑身弱の為、何をやっても邪魔が多く、
77歳にしてようやく運が開けるという内容でした。

それではいくらなんでも困るので、
それが真実なのか確かめる為に始めました。
しかし、運命とは自分の力で変える事が果たして可能
なのでしょうか?

もし運命が決まっているなら、努力してもいつも邪魔ばかりで
結局無駄な努力をするはめになってしまいます。
 −−−中略−−−
まるで、他人の妨害を受ける為に努力するみたいな形になって
しまうと思うのです。
それならいっその事、努力せず、夢も追わず、それなりの人生で満足
している生き方の方が楽なのかな?と、思うのです。

その時の占い師の言い方があまりにも断定的だったので、
私は頑張る気にどうしてもなれません。
四柱推命でダメな命式の人は、そんなに何
をやってもダメなんでしょうか?

お忙しいとは思いますが教えてください。
よろしくお願いします。

赤木 洋子

************************************************************


 以下、田中風州の回答です。

 持って生まれた運命は変えられるか否か?
 昔から運命学についての誤解や偏見が多いのも、この問いに対する間違った先入観や固定観念を抱いている人が多いからだと思います。

 赤木様のこのご質問は、何を隠そう二十歳そこそこで四柱推命学を習い始めたわたしの素朴な疑問でもありました。

 四柱推命で自分の命式をみれば、よくないかどうかは少し学べばどなたにでも分かることですから、わたしも何とか自分の運命の向上を計りたいと色々な宗教や哲学書を読んで勉強したり、実際に何カ所かの宗教団体の門をたたいてお世話になった経験があります。

 そこで結論から申し上げますと、“運命は変えることができる”ということです。

 この世は“諸行無常”です。
 どんな悪因縁でも、「因」と「縁」のふたつが揃わなければ、「果」は生じないとする因縁果報の法則がありますが、「縁」を変えていく努力により、「果」を未然に防いだりすることができるからです。

 ところで四柱推命の最大の主眼は、個人の“先天的な福徳の量”を推量することにあります。

 その先天的な福徳の量は、前世の成績のようなものであることはわたしのホームページに書いてあるとおりですが、この福徳の量が多ければ多いほど幸福な人生、よい運命が約束されているのであり、反対にこの福徳の量が少なければ少ないほど厳しい運命や苦しい人生が待ち受けていることになります。

 ですから、今世、只今からでも、この福徳の量を増やすための行いを継続して取り組んでいくと、徐々に前世からの成績の点数があがって、先天的な運命運勢もよい方向に向かっていくということです。

 昔から、「陰徳を積む」とか、「積善の家に余慶あり」とかいわれていますように、善きことを行えば徳分を増すことになります。反対に悪いことを行えば、徳分を減少することになります。

 この徳分は“目に見えない天への貯金”と考えて頂くと分かりやすいと思います。

 そして端的にいえば、この貯金が多くある人ほど、何をやっても上手くいく運のよい人であり、貯金どころか借金がある人はやることなすこと失敗続きの運のよくない人ということになります。

 お分かり頂けたでしょうか。

 ●[継続した善い行い]→[徳分の増加=天への貯金]→[運命運勢の向上]

 という流れで、運命運勢の改善が図れることになります。

 ただ、ここで気を付けなければならないのは、徳分がマイナスの人、つまり天への貯金がプラスの貯金ではなくマイナスの借金がある人は、継続的な善い行いをしていても借金を返すまでは、目立って運命の向上は期待できません。

 また、もうひとつ大事なことは、徳分がマイナスの人ほど現実は厳しい生活や辛い人生を通っておられますので、そうした人は善いことを継続して行うことはなかなか難しいということです。

 病気や災難続きの人は善いことをするのではなく、逆にしてもらう立場になって一向に運がよくならないといった悪循環に陥ることにもなります。

 ですから、四柱推命でみて先天の福徳が薄い人ほど、その通りの人生を歩む結果となって、巷で四柱推命はよくあたる、的中率が高い占いだ…、といった評価を得ることになっているのです。

 そうした先天の福徳の薄い、厳しい人生を通っておられる方は、ではどうしたらいいのかということです。

 善いことをしたいけれども、凶意の強い因縁を背負っておられる人は、どうしてもその悪因縁に負けてしまうことが多いのです。

 「悪貨は良貨を駆逐する」喩えのように、ひとつでも強烈な悪因縁があれば、それだけで身を滅ぼすことにもなるのです。

 そこで、是非とも必要となるのは、“正しい信仰”です。

 “神様の教え”に耳を傾け、神様の慈悲にすがって、運をよくする後押しをして頂くことが絶対に必要になってまいります。

 先ほど運命は変えることができると申しました。
 でも、人間の自分の力だけで変えることができるのではありません。
 もう一度、下の流れをよく見て下さい。

@ A B
[継続した善い行い] [徳分の増加=天への貯金] [運命運勢の向上]

 @は人間自身の努力でありますが、AとBは神様の管轄なのです。
 つまり、Aの天への貯金の出納、残高の状態は神様が厳格に管理されています。その残高がある一定以上になれば、それに見合った悪因縁が解消され、結果として運命運勢が向上するというAからBのはたらきも神様の不思議なお力なのです。


 古来より、信仰は自力だけでもダメで、他力一辺倒でもダメであると言われてきましたが、自力(上記@)と他力(AからBのはたらき)が合わさったものが神明の加護となって現実に現れてくるのです。

 そして、ここから大切なことなので、よく聞いて頂きたいのですが、正しい信仰はどうして大切かといえば、わたしは次のように考えています。

ご神縁を授けて頂き、神様との繋がりがより強固になり、善い行いをしやすい環境が調ってくる。

悪因縁が実際に現れてくるのを抑えて頂けたり、軽くすむように助けて頂ける。「因は「縁」に触れて「果」が現れてくる理により、「よくない縁」を遠ざけて頂けるということです。

 「石の上にも三年」と言われていますが、まず三年間頑張って継続した善い行いをしてみて下さい。

 どんなに不幸不運な境遇の人でも、正しい信仰を持ち続けられる人は助かりますし、信仰心のかけらもないような人はいまは幸せであってもいつかは没落の運命が待っています。

 いかがでしたか。
 赤木様のような四柱推命学の愛好家は、どうぞ運命は宿命とは違い不変のものではないということと、運命改善は人間の努力だけではなく、神様のおはたらきと助力があって実現することをよく覚えておいて頂きたいと思います。

 また将来、プロの鑑定士や人生相談者を志すような方は、相談に来られた方に安心と希望を与えることが大きな責務のひとつでありますので、ただ単に推命の結果だけを伝えるような鑑定士は失格であることも付け加えてさせて頂きます。
以上

 今回もお読み下さり有り難うございました。次号をお楽しみに
 
/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

◎虎の巻レポートを読まれた感想を送って下さい(以前の分でも結構です)。
 「よかった」のひと言でも結構です。是非、あなたの声をお聞かせ下さい。
       ↓↓↓
   webmaster@e-suimei.com

/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
お知らせ
 eラーニングによる「現代看法の四柱推命学」初級講座は、比肩、劫財、・・・、偏印、印綬の10個の通変星の詳解を、数多くの命式例を用いて実践的に学んで頂ける内容となっています。
 また命式解説において四柱推命学の基本的な定義や要法をマスターして頂きながら、総合的な看命のポイントをつかんで頂けるものと思います。
 この初級講座をマスターして頂ければ、ほとんどの原命式の分析は可能となり、先天的な性質から配偶者や子供等の関係の人事事相を的確に知ることが可能です。
 現在、11月1日開講の第二期生を募集中です。
        ↓↓↓
 http://e-suimei.com/e-l-annai-shokyu.htm

─────────────────────────────
このメールは、eラーニング四柱推命学の受講生の皆さま、
また、「推命&開運【虎の巻】」購読者の方へお送りしています。
─────────────────────────────
●推命&開運【虎の巻】バックナンバーをアップしていますので、
 まだご覧になっておられないレポートは、こちらからお読み頂けます。

 @ No.01『まず、因縁自覚からすべてははじまる!』
          
 A No.02『104歳の禅師のお話』
       
  B No.03『捨てる神あれば、拾う神あり』
       
 C No.04『怖ろしい元辰殺運・・・ある女性の突然死』
       
 D No.05『「職」は「食」なり…、「上げ下げの理」』
        
 E No.06『「生まれたときの家庭環境と子供の運命』

 F No.07『トイレ掃除をすると頭が良くなる?!』

 G No.08『親不幸がそもそもの不幸の種と知るべし』

 H No.09『お金には神通力がある! 前編』

ページトップへ
------------------------------------------
大乗推命学会 北大阪支部 主宰 田中風州
URL    http://e-suimei.com/
E-mail webmaster@e-suimei.com
配信中止は上記↑アドレスへ一報下さい。
------------------------------------------

メルマガ:推命&開運【虎の巻】メニュー

「風州の四柱推命学」トップページ