推命&開運【虎の巻】
No.01 『まず、因縁自覚からすべてははじまる!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         推命&開運【虎の巻】No.01

      『まず、因縁自覚からすべてははじまる!』
                        
━━━━━━━━━━━━━━━━(2004.06.11)━━

 田中風州です。

 eラーニング四柱推命学入門講座の受講生の皆さま、学習の方はいかがですか?
 また、推命&開運【虎の巻】購読者の皆さま、購読申し込みを頂き、有り難うございました。

 さて、今回は、ある受講生の方の受講目的を読んで、四柱推命学を学習して頂く上において、また運命や運勢を好転して頂くためにも、とても大切なことをまだお伝えしていなかったことに気付き、皆さまに今回本メールでお話しさせて頂くことにしました。

 少し長文になりますが、とても大切なことですので、最後までお読み頂きますようお願い致します。

 受講生Aさん(女性)の受講目的に、以下のコメントがありました。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〓受講目的〓

 > これまで人生にさまざまな出来事があって
 > 私だけどうしてこんな辛いめに合わないと
 > と言う思いが強かった。四柱推命に会って
 > なんとなく納得できた。でも、先を読んで
 > 回避出来るならこれから先、上手に歩んで
 > 生きたい。その為に学びたいんです。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 これについての、わたしの回答です。

●先を読んで回避できることと出来ないことがある。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

・細木数子さんの「大殺界」などもそうですが、四柱推命でみてどなたにもよくない運気の期間があります。
 このような運気が低迷する期間は、いつからいつまでなのか事前に知ることが可能ですので、この間は引越や新しい仕事をはじめるなどは、できるだけ避けた方が無難でしょう。

・もうひとつ運気とは別に、持って生まれた「因縁」というものが大なり小なり誰にもあります。
 きついところでは、断滅因縁、変死の因縁、気違い因縁、後家因縁などが代表格ですが、こういった因縁が出やすい時期もある程度四柱推命でみることはできますが、決して完璧ではありません。
 また、その時期に現れなかったとしても、何もしない(対処しない)といつか必ずその因縁が現れてきます。

 ですから、大事なことは運気を知ることより、後者の因縁(先天的なよくない因子)を見極め、それの解消克服の方法を模索することがより重要なことがお分かり頂けるものと思います。
 では、そのためには、どうしたらいいのでしょうか。


●まず、因縁自覚からすべてははじまる!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 最近は、うつ病はじめ精心的(あえて“精神”とは言わず“精心”と言うことにします)な障害を抱えている人が増えています。

 そのような方には、まことに失礼なことになるかも知れませんが、これも勉強のため、人助けのためですのでご容赦下さい。

 精神分裂病(最近は統合失調症というそうです)は、因縁で言いますと「気違い因縁」です。

 この因縁が現れるのには、必ずその原因があります。
 つまり、そのようなことが起こる「種」を過去(前世も含む)に蒔いたことがいま生えてきているのです。

 心身に異常や障害が起こるのは、必ずその前にその原因となるような「心遣い」と「行動をした」ことが結果となって現れているのです。

 皆さま、「引きこもり」という言葉を聞かれたことがあると思います。

 以前は、子供に多い症状?でしたが、最近では、二十歳を過ぎた社会人にも一日中家に閉じこもり、誰とも口を聞かずにブラブラしている人がいることを、新聞の人生相談の投稿で読んだことがあります。

 このような引きこもりの人は、運気がよくなったからといって決して直る病気ではありません。

 まことに言いづらいことですが、引きこもりは自分の殻に閉じこもる、自分の世界のことしか考えない、自分本位の「なまけ者」がかかる病気です。

 そのような子供を持った親に責任があるのです。
 そのような子供になったのは、どうしてなのか親が深く因縁自覚しなければ子供は助かりません。

 このようなとき、霊障のせいだとか、家相が悪いとか言って、人の難儀苦しみにつけ込んで商売をしている人もいますが、決してそのような人に騙されないように気を付けなければいけません。

 昔から、「親の因果が子に報い・・・」と言われていますが、これは真理のひとつです。

 親が怠けていた種が、子供に現実に生えてきたのです。

 その子供が生まれる頃、父親は怠けていたのです。
 たとえば会社員として働いていて、月給30万円もらっていたとすれば、10万円か15万円分くらいのはたらきしかしていなかったためです。

 30万円の給料をもらうためには、管理費や福利厚生費等で最低でも50万円か60万円くらいの働きをしなければ会社に損をさせたことになります。
上手く振る舞って、適当に遊びながら怠けてはたらいて、周囲の目をごまかせても、天の差っ引き勘定は公平で、ある面怖ろしいです。

 親の負債が子供にかかってきて、結局、親も苦しむことになるのです。

 最近、昼間のパチンコ屋もネクタイをした会社員風の人をよく見かけます。
 本当に一生懸命働いていたら、そんなところには決していかないはずです。

 引きこもりの子供を助けたければ、親自身の「なまけ者の因縁」を深く自覚し、それを深く反省して、天(神仏)にお詫びの行いを形に現し、心を入れ替え、一生懸命働くようになれば、必ず子供の症状は改善していきます。
 それをそのまま放置していれば、引きこもりの子供はいつかは本当の精神病になってしまいます。

 どんな精神科医の処方の薬を飲んでも、症状の緩和だけで改善はしません。
 永く薬を飲むと、副作用がまた心配です。

 「なまけ者の因縁」は「気違い因縁」に繋がります。
 覚えておかれるとよいと思います。

 受講生の皆さまのお知り合いの方で、このような引きこもりを抱えた子供さんがおられるなら、どうかご両親にこの話しをしてあげて下さい。

 ただ、登校拒否の児童と引きこもりとは、一見同じようにみえますが、原因は全く違いますのでお間違いないように。

 言いにくいし、聞きづらいことではありますが、これも人助けです。

 どうか賢明な受講生また本虎の巻購読者の皆さまは、巷のおかしな開運法に騙されないように気を付けて下さい。

 まず、因縁自覚ありきです。

 これがなければ、反省もお詫びも、心を入れ替えての対策もできないからです。

(ここまでお読み下さり有り難うございました。次号をお楽しみに)

◎このメールについてのご感想等あれば、下記にお願いします。
       ↓↓↓
   webmaster@e-suimei.com

………………………………………………………………………
このメールは、eラーニング四柱推命学の受講生の皆さまと、
「推命&開運【虎の巻】」購読者の方へお送り致しました。
………………………………………………………………………

メルマガ:推命&開運【虎の巻】メニュー

「風州の四柱推命学」トップページ