調候と通関用神[八字(台湾式四柱推命)]
調候と通関用神

用神には、五行の木水土金水の用神があり、これはいずれの命式にも必要とします。

しかし、それとは別に冬の季節(亥、子、丑月)に生まれた方は「丙」が、夏の季節(巳、午、未月)に生まれた方は「癸」を調候用神として、最優先に欲する干(星)になります。

もし、五行の用神があっても、調候を必要とする命式で調候がなければ、用神のよい作用が期待できないことになり、格局の高低も低くなってしまいます。


一般用神を取る原則は、

 ①調候
 ②通関
 ③扶抑

が原則。

この場合、扶抑は五行の用神と一緒になりますので、調候用神と通関用神を主にみていくことになります。

通関用神とは、たとえばつぎのような命式には絶対必要となります。

 時 日 月 年     時 日 月 年  ○ ○ ○ ○     ○ ○ ○ ○  午 子 午 子     申 寅 卯 酉

左の命式の地支は水と火の地支で、通関の木が必要です。

右の命式の地支は金と木の地支で、通関の水が必要です。

通関がなければ、危うい命(健康や意外注意)となります。


さて、調候を有すれば、次の五徳を有すると陳老師よりお教えいただきました。。


 ・学歴
 ・地位
 ・祖産(先祖からの財産)
 ・健康
 ・子宝



これを言われれば、調候用神を第一とする理は頷けますね。

(C) 2003-2017 芦屋占い処・占風鐸 代表 田中 宏明
〒659-0092 芦屋市大原町4-12 ビューコート芦屋403

戻 る